琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた聖地である斎場御嶽

那覇空港から車で50分ほどの所にあるのが、2000年に世界遺産に登録された斎場御嶽(せーふぁうたき)という聖地です。琉球王朝地雷から国家的な祭事が行われてきた聖地です。琉球の神話に登場する沖縄の7つの御嶽の中でも最も格調 […]

琉球王家の墓である世界遺産の玉陵

那覇市にある世界遺産と言えば首里城が思い浮かべるかもしれませんが、首里城から歩いて5分ほどのところに同じく世界遺産に指定されている玉陵(たまうどぅん)という施設もあります。玉陵とは王家の墓のことで、琉球王朝のことを学べば […]

琉球王家の別邸である世界遺産の識名園

識名園は2000年に首里城や今帰仁城跡などとともに世界遺産に登録された施設の一つです。こちらは琉球王家の別邸で、中国皇帝の使者をもてなす特別な場所として使用されていました。沖縄での大戦で壊滅的な被害を受けることになりまし […]

琉球王国のお正月が味わえる首里城公園の新春の宴

首里城公園では1月1日から1月3日の3日間にかけてお正月限定の新春の宴が開催されています。これは、琉球王国時代、元旦に首里城にて行われてきた正月儀式のことです。首里城公園では正月三が日にいろいろなイベントが行われています […]

琉球国王の居城である首里城跡

首里城と言えば那覇市にある県内最大の木造建築物です。首里城と言われているわけですが、正式には首里城公園内にあり、首里城だけでなく琉球式の庭園や国王の執務室など琉球王朝の生活と文化を見ることができたりします。世界遺産にも認 […]

那覇空港の南の瀬長島にある瀬長グスク

那覇空港南側の小さい島が瀬長島で、そこにある瀬長グスクは豊見城村発祥の地として知られています。ここのグスクは瀬長按司の居城で初めて小規模のグスクが造られた場所でもあります。海からの攻撃に対する防御の目的と貿易を目的とした […]

護佐丸・阿麻和利の乱の舞台にもなった中城城跡

那覇空港から車で40分ぐらい行ったところに中城城跡があります。県内に300余りあるグスクの中でも最も多くの遺構がそのまま残されているグスクで、世界遺産に認定されています。中城城跡内を無料で案内してくれるボランティアガイド […]

英祖王誕生の地である伊祖城跡

沖縄県浦添市にある伊祖集落の北東方面にある伊祖城跡は中山王国を築いた英祖王の父祖代々の居城として伝えられています。世界遺産に認定されているような城跡と違ってとても小さいわけですが、現在は伊祖公園として整備されており、レン […]

知念按司の居城であった知念城跡

知念城跡は沖縄本島南部の東端に当たる知念半島にある城跡で、太平洋を見下ろす標高100mの海岸段丘上にあります。こちらの城跡は知念按司の居城でもあり、1761年から1903年の間は知念番所として使用していました。主要幹線か […]

海と城壁を望む絶景ポイントである世界遺産の今帰仁城跡

沖縄本島北部の本部半島にある今帰仁城跡は、2000年に世界文化遺産に認定されています。北部に行くというのであれば美ら海水族館などと共に観光スポットとして入ってくる場所ではないでしょうか。那覇空港からは車でおよそ100分か […]